かに

今が旬のふるさと納税で美味しく税金を収めよう

サラリーマンの賢い節税法

食品

決して安くない税金を毎月給与から天引きされているサラリーマンの方のための節税対策として最も注目されているのがふるさと納税です。ふるさと納税を行うことで賢く節税をすることができます。また、魅力的な特産品を手に入れることもメリットのひとつです。

もっと読む

節税だけはないメリット

野菜

ふるさと納税は、ご自分の出身地だけでなく、思い入れのある全国の自治体に寄付をできる仕組みです。少額の自己負担で、お礼の品を受け取ることができますし、なによりも寄付をした自治体へ思い入れができ、実際に交流が生まれるなど波及効果も大きいです。

もっと読む

限度内で節税ができます

食材

自由に自治体を選べます

注目を集めているふるさと納税は、すきな都道府県や市町村に寄付を行い、節税を行う仕組みです。寄付金額の一部は住民税と所得税から控除されるので、節税になります。そして自治体は寄付をした人に対して様々な返礼品を用意している所も多数あります。節税しながら地域の特産品を受け取れるというのも楽しみの一つです。ふるさと納税は自分の生まれ故郷だけでなく、日本全国どこの自治体に対して行ってかまいません。ふるさと納税に対する考え方や、自治体の取り組みを知ったうえで、気に入った所を応援することができます。寄付金の使い道を文化財保護や教育支援など指定ができる自治体もあります。自治体からすると財政が潤う上に、全国に地域の名産をアピールすることができます。また他の自治体との競争を通じて、お金の使い方が適切になり、特産品の開発に力を注ぐことも期待されます。

手続きが必要です

このようにメリットの多いふるさと納税ですが、注意しないといけない点もあります。節税の効果を得るには確定申告が必要ということです。ふるさと納税は確定申告をすることで翌年の税金から控除される仕組みです。給与所得者は自分で申告をしたことがない人も多く、手続きが負担になることがあり得ます。現在では給与所得者がふるさと納税を行う場合、確定申告をしなくても控除が受けられる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が誕生しています。この制度を使えば申告不要ですが、各寄付先の自治体に制度を使う旨を申請する必要があります。またふるさと納税には上限額があり、こちらも最近拡大されましたが、収入の額によっては節税効果がどれくらい大きくなるかは注意する必要があります。インターネット上には控除額を簡単に計算できるサイトもあり、利用することができます。

おトクな注目納税法

風景

ふるさと納税は、日本の各自治体に寄付をして住民税の控除を得られる制度です。地方活性化を目指してできた制度だけに、その御礼の品は各地で多彩となっています。食卓を充実させてくれる特産品や地方を体感できる旅行クーポンなど今後も充実が見込まれるので、活用して賢く納税者してみましょう。

もっと読む